ハナブトオオトカゲ(メラウケ産ベビー)¥298,000 sold out
b0079508_22462742.jpg

メラウケというレアロカリティのハナブトでしかも掌サイズ。
良いですねぇ。いつ見てもハナブトの掌ベビーは本当に可愛いです。
デカい個体を見て来てるだけにまさに恐竜の赤ん坊って感じ。
ハナブトの掌ベビーというとソロン産が定番ですが、
今回はメラウケ。ここまで小さいのは初めてでしょう。
というかメラウケ自体片手で数えるくらいしか入って来てないので。。。
実物を見るのは私も初めて。
b0079508_2342058.jpg

頭の形状なんかは完全にソロンと異なりますね。
バタンタの様な寸詰まりタイプです。
そして目から首元にかけて
淡いスカイブルーが発色しております。
ちょっと撮り忘れましたが、
前足のスポットの入り具合なんか凄いです。
b0079508_23111466.jpg

b0079508_23114273.jpg

b0079508_231156100.jpg

なんでハナブトの写真撮るときってこいつらいっつも脱皮中なんだろう。。。
でもスポットの入り方なんかは見て頂いたらわかりますよね。
オレンジのスポットも見えますが、脱皮前なだけで、
脱皮したら綺麗な黄色になります。
オレンジスポットのハナブトもそれはそれで見てみたいですが。。。
綺麗じゃなくてもレアロカリティなだけで私は喜んでしまうのですが、
この子はちゃんと綺麗です。

小さくても特定動物の許可は勿論必要なので、
ちゃんと許可取って胸はって飼育しましょうね。
これ一匹に全てを捧げる価値は十分あると思います。
それくらい魅力的なオオトカゲですよ。

掌ベビーを待っていた方、お待たせしました。
b0079508_23434464.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-11-20 23:43 | Sold Out
グリーンパイソン(スカイブルーコンドロ)¥698,000 sold out
グリーンパイソンの中でもこのブルーコンドロと言われるタイプは、もはやグリーンパイソンの領域を超えた存在である。森林の奥深く静かに生息するこの蛇は、ある意味異彩を放ち、独特の生体系を醸し出している事は容易に想像できる。通常の色彩とはかけ離れたこの体色は、生きていく過程の中でどの様に働くのであろうか。針葉樹が生い茂る密林の中、保護色とはかけ離れたこの色合いは、飼育者に何を想像させ、また何を語りかけるのだろうか。
b0079508_042611.jpg

美しい頭部に、かつてグリーンパイソンと呼ばれていた頃の面影がかいまみれるが、時の流れと共に完全体に覚醒するのであろうか?
b0079508_045225.jpg

皮膚はすでに青き龍が如く、その本来の面影を留めない。インドネシアのアルー諸島から降臨した神のつかいは、その出生の秘密をかろうじて白き鱗で表現している。
b0079508_05874.jpg

二つの青がコントラストを際立たせ、まさに神のみぞ成せる色合いに驚愕し、見る人に落胆にも近い衝撃を与える。
b0079508_05267.jpg

全てを青でまとった神の子は、いったい人間に何を伝えようと言うのか?現実的に生き物の世界に無意味などと言う言葉は存在しない。しかし我々人間は多くの無駄に囲まれて、その自然の本質を見極めようとはしない。
b0079508_053884.jpg

神の申し子と言われる個体には、その本質を伝えようとする秘めたる何かが存在する。この青き龍が語りかけるものとは一体何だろう?小説やサスペンスよりも奇怪なこの神が与えし現象は、人間の想像をはるかに超えている。
b0079508_05564.jpg

尾先までもが青に染まり、その完成度の高さを演出する。事実、この神の存在は、想像とは無縁で、ただただ眺め、心を落ち着かせる為のみの虚像とも言えるかもしれない。
b0079508_061422.jpg

人間の本来の煩悩を今一度想像させるだけの魅力がこの青き龍には存在する。それはこの姿が証明していると言えるだろう。青き龍とは、醜い人間を見透かす存在。だが、それでいい。そういう存在こそが、未熟な人間には必要なのだから。神という領域があるからこそ、人はそれを敬い、近づきたいと思える生き物なのだ。そんな存在がこの青き龍、ブルーコンドロだと私は考える。
b0079508_06389.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-11-20 22:59 | Sold Out
ブラッドパイソン(バンカ、ボルネオ、スマトラ)価格は文中で。
1、マラヤンブラッドパイソン(バンカレッド、ヤング個体)¥128,000sold out 
b0079508_16525684.jpg

スマトラの右、ボルネオの左、
両方のデカい島にはさまれ、
申し訳なさげに存在している島、バンカ島。
ここに生息するマラヤンブラッドパイソンには、
バンカレッドと呼ばれる真っ赤になる有名な個体群がいます。
マラヤン好きな人は皆バンカレッドが好きと言っても過言ではありませんね。

今は全くですが、数年前までは頭真っ黒で体真っ赤な
バンカレッドのアダルトはちょくちょく見かけていました。
でも当時でも小さいバンカがちゃんとしたインフォ付きで来てた事って
ほぼ無かったんです。
今回は完全なインフォ付きワイルド個体。確定。バンカ確定。
バンカといっても全てが赤くなる訳ではありません。
バンカにいるブラッド=バンカレッドという訳ではないのです。
b0079508_17204025.jpg

b0079508_17205942.jpg

でもこの子は75cmというサイズから既にこの発色。
さすがにバンカレッドと確定しても全く問題ないでしょう。
しかもかなりのハイグレード個体。

やっぱり今更ながらですが、普通のマラヤンとは違いますね。
一目で別物だと分かります。全く違う。
将来赤くなると確信を持つ事の出来る発色。
頭部にもじわじわ赤が出ています。
ただ、黒のペッパーも鼻先から出始めてるので、
将来は頭真っ黒になるかもしれません。
b0079508_17155273.jpg

この辺りは嘘ついてもしかたありません。
私もデータ持ち合わせてないので、
育ててみないとわからないんですよね。
脱皮が毎回楽しみです。
本領発揮するのは1m超えてからなので、
まさに末恐ろしい奴です。

海外の選択交配しまくったスーパーレッドのような鮮やかな赤というよりは、
これぞブラッド!というような血のような濃い赤になると思います。
スーパーレッドの同サイズの個体を見ると、もっとスッキリと明るい
発色なので。この辺りは好みですけどね。

このサイズのバンカレッドは今回1匹しか来ませんでした。
既に発色を見せているので体が赤くなる事は保証します。
保証なんかしなくても分かる人が見たら分かると思いますけどね。
ブラッド好きな方は是非どうぞ。
b0079508_17242620.jpg
首辺りの皮膚がたるんでますが、一度の脱皮で綺麗になります。
b0079508_17244550.jpg



2、ブラッドパイソン(バンカレッド、ベビー)¥98,000 sold out
b0079508_17285812.jpg

結果の出始めたバンカレッドのワイルドを上で紹介しましたが、
一転こっちはハッチから少しだけ育ったまだまだ可愛いベビーサイズ。
今回捕獲されたバンカレッドのアダルトによる
FH個体なので、バンカレッドなのは間違いありません。
クリーム部分が一番明るく抜けてメリハリの強い個体を選びました。
b0079508_17383159.jpg

親が赤いので赤くなるのは確実ですが、
赤の発色がどれほどになるのかは育てなければ何とも言えません。
この辺りが良い結果の出始めた上のヤングとの価格差となります。
でも楽しめるのは間違いなくこっち。
どういう変化をするのか記録を付けながら育てて欲しいです。
バンカレッドなのは確定なので、その辺りはご安心してお楽しみ下さい。
b0079508_1744491.jpg



3、ボルネオブラッドパイソン(ノースボルネオの個体群)¥54,800
b0079508_17522991.jpg

久しぶり。ここまで典型的なボルネオは久しぶりに見ました。
オレンジヘッドにブラックとゴールドが入り交じった体。
ボルネオらしい間の抜けた顔(笑)
これぞボルネオブラッドパイソンといえる個体ですね。
ちなみにゴールドの部分は将来的に明るくなって、
黄色っぽくなる傾向にあります。
ベビーサイズです。ベビーサイズですがFHではなくワイルドです。
一番濃くて最高のオレンジヘッドを選びました。
結構鮮烈では?
b0079508_17572166.jpg

スマトラのオレンジヘッドタイプが裸足で逃げ出すレベルだと思います。

ボルネオブラッドというとブラッドの中でも最もパッとしない
印象を受ける方が多いと思います。
でも海外ではマラヤンに負けないくらいモルフが作出されてますし、
ワイルドでも結構バリエーションゆたかなんですよ。
次に紹介する個体とかも珍しいタイプですし。
毎年コンスタントにウルトラブレイトやスーパーストライプなど
のモルフが入ってくるようになって来たので、
それらと組み合わせて色々面白い個体を作ってみるのも楽しいですよ。

ちなみにノースボルネオというロカリティは間違いないので参考にして下さい。
b0079508_185577.jpg
パッとしないのではない。渋いのだ!

4、ボルネオブラッドパイソン(ノースボルネオの変な子)¥65,000 sold out
b0079508_189363.jpg

今回典型的なワイルドボルネオが上の個体を含め、
ノースボルネオから10数匹来ました。
でその中にポツンと変な子が混じっていました。
1匹だけ採れたみたいです。ワクワクしますね。
渋ボルネオの中でもさらに渋さを増してしまったこの個体。
ベビーサイズ。将来どうなるのかさっぱりです。
ボルネオは成長するにつれて明るい発色を見せるのが基本ですが、
この子はそんな雰囲気がかけらもありません。
異質なボルネオ。やっぱりワクワクするでしょう。
どるなるのかわからない、そこにロマンを感じない人とは
仲良くなれません(笑)
b0079508_18202597.jpg

サイドの色の傾向もノーマルと違いますよね。謎。
b0079508_18245771.jpg

何とも言えない頭の色ですね。


5、スマトラブラッドパイソン
スマトラブラッドパイソンとしてまとめて来ましたが、
その中でも典型的な個体、色味が結構抜けてる個体、
カフェオレ色の個体を抜いてみました。
ちなみにスマトラのどの辺りから来たかは詳細不明です。

まず典型的なこの子、¥25,800
b0079508_18321580.jpg

このタイプに関しては前に説明済みです。
New arrivalの次のページにあるのでそちらをご覧下さい。
b0079508_18344046.jpg

b0079508_18351054.jpg


色味が抜けてる子、¥35,800
b0079508_18353671.jpg

画像の通り薄い墨汁の様な部分の色抜けが強い子です。
サイドの黄色みも通常より強く、全体的に明るく見えます。
上の子とはかなり雰囲気が違っています。
成長に従ってさらに抜けていったらかなり面白い事になるのではないでしょうか?
このような特徴を持っているのはこの子だけでした。
b0079508_1841643.jpg


カフェオレ色の子、¥35,800
b0079508_1842364.jpg

典型的なタイプに焦げ茶色をガバッとかぶせた感じです。
頭も茶色になり、体も濃いカフェオレのようになっています。
珍しいタイプですね。サイドの色も上2匹とは異なっています。
何気にサイドがストライプ状になっているのもポイント。
もちろん1匹だけ。
b0079508_18482779.jpg

b0079508_18484915.jpg

黒くなるよりも、このまま汚く成長して欲しいです。
[PR]
# by kanrep | 2012-10-26 18:06 | Sold Out
グリーンパイソン(カルガバ ニューロカリティ)
b0079508_18584090.jpg

b0079508_18585861.jpg

b0079508_18591947.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-26 17:45 | Sold Out
グリーンパイソン(メラウケ ベビー) ¥158000
おおよそ8年前ほどになると思います。このメラウケと言う個体がまだ多く国内に入っていたのは・・・。それが今となってはかいもく入荷は無くなり、その存在自体もファンの脳裏から消えかけた存在になっています。しかしこのメラウケと言う産地は、独特で、オーストラリアのケープヨークに存在する個体群とその外観的形状が同じで、かつてオーストラリア大陸と一つであった事をにわかに想像させてくれるタイプです。その大きな特徴が背中の真ん中に走るホワイトラインです。
b0079508_1851167.jpg

幼体で産地を特定できる数少ないロカリティーで、かつては幼体の入荷が無かったので、その変態を楽しむ事はできませんでした。しかし今回はそれが幼体なんで面白い。
b0079508_18514515.jpg
一つ一つ明らかになるグリーンパイソンの謎の一つでもある変態のデータがまた新たに加わる事になりましたね。
b0079508_18513198.jpg

ほとんど入荷がないので、多くのデータをこの子からとる事ができ非常に面白い。餌の食べ方や飼育の難易度も他の産地とそう変わりは無い様なので、その辺は問題ないと思われますが、最終的なホワイトラインはどうなるかはこのサイズではわかりません。メラウケの最高峰と言われるホワイトリングを目指して飼育を楽しみたいですね。
b0079508_1852445.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-26 17:40 | Sold Out
グリーンパイソン(ペッパー候補生)
b0079508_1856649.jpg

b0079508_18562166.jpg

b0079508_18563459.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-26 17:35
グリーンパイソン(ペッパー候補生) ¥49800
グリーンパイソンの中でもいわゆる特殊系の仲間がペッパー個体達の存在です。多くのファンの中には汚らしいペッパー系をあえて集めておられる方々も多くおられます。このペッパー系のいいところは、美しいグリーンパイソンがなぜに汚らしいのかと言う見た目的なマニアと、黒の鱗の遺伝情報の追及とにあると思われます。
b0079508_1856649.jpg

メラニステックのグリーンパイソンは現状で作出するのは難しく、困難な道のりではありますが、この様なペッパー個体の最終的な遺伝子集合体がそこにたどり着くのではないかと言う魅力がありますね。
b0079508_18562166.jpg

ただ純粋にペッパー個体とは、通常のグリーンパイソンよりもいかつさが増し、見る人のインパクトは大きいものになります。これは男性的な発想かも知れませんが、美しいものがなぜ?と言うのは非常に魅力的に見えてしまうんですよね。
b0079508_18563459.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-26 17:35 | Sold Out
ブラッドパイソン(バンカ、ボルネオ、スマトラ)価格は文中で。
1、マラヤンブラッドパイソン(バンカレッド、ヤング個体)¥98,000
b0079508_16525684.jpg

今は全くですが、数年前までは頭真っ黒で体真っ赤な
バンカレッドのアダルトはちょくちょく見かけていました。
でも当時でも小さいバンカがちゃんとしたインフォ付きで来てた事って
ほぼ無かったんです。
今回は完全なインフォ付きワイルド個体。確定。バンカ確定。
バンカといっても全てが赤くなる訳ではありません。
バンカ=バンカレッドという訳ではないのです。
b0079508_17204025.jpg

b0079508_17205942.jpg

でもこの子は60cmというサイズから既にこの発色。
やっぱり普通のマラヤンとは違いますね。
一目で別物だと分かります。全く違う。
将来赤くなると確信を持つ事の出来る発色。
頭部にもじわじわ赤が出ています。
ただ、黒のペッパーも鼻先から出始めてるので、
将来は頭真っ黒になるかもしれません。
b0079508_17155273.jpg

この辺りは嘘ついてもしかたありません。
私もデータ持ち合わせてないので、
育ててみないとわからないんですよね。
脱皮が毎回楽しみです。
本領発揮するのは1m超えてからなので、
まさに末恐ろしい奴です。

海外の選択交配しまくったスーパーレッドのような鮮やかな赤というよりは、
これぞブラッド!というような血のような濃い赤になると思います。
スーパーレッドの同サイズの個体を見ると、もっとスッキリと明るい
発色なので。この辺りは好みですけどね。

このサイズのバンカレッドは今回1匹しか来ませんでした。
既に発色を見せているので体が赤くなる事は保証します。
保証なんかしなくても分かる人が見たら分かると思いますけどね。
ブラッド好きな方は是非どうぞ。
b0079508_17242620.jpg

b0079508_17244550.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-26 17:24
タガメ
b0079508_1029925.jpg

b0079508_1029966.jpg

じっとして餌を待つタガメ 餌が近くに来たらカマニなっている手で捕まえます。 捕まったら最後どうあがいても放しません!! 運よく逃げれても無事てはすみません ザックリ切られるのですから 水生昆虫の王者だけあるんですね 捕食中はじっと見てしまうもんち やっぱタガメはカッケー
のと一人でつぶやく 来年はタガメのメスGETして再来年に繁殖してみようかな!? たくらんでます。 メスがてに入っての話ですがね(^-^)
[PR]
# by kanrep | 2012-10-19 10:29 | スタッフ日記
イリアンジャヤカーペット・ベビー ¥22,800
b0079508_15155036.jpg

この子は今年の7月に入荷しておりました。
ただ着状態が良くなく、ロットを併発していたので
店頭には置いておりませんでした。
めでたく全快し、餌食いも完璧になったので晴れてご登場という訳です。
b0079508_15162040.jpg

最初1ヶ月程は餌食いもかなり悪かったので、
3ヶ月程飼育してる割にはそれほどサイズは大きくありません。

b0079508_15182080.jpg

サイドになるにつれて色が抜けオレンジ、ホワイトが目立ってきます。
上の画像だと淡い感じですが、実際は最後のマウス咥えてる画像
のようにコントラストはクッキリしております。
来たときはそれほど目を引く個体ではなかったのですが、
なかなか綺麗になってきてくれました。
いや、別に飼い込んだから色眼鏡で見てるわけではありませんよ。
正直な意見です。

餌はピンクのLですが、ファジーのSでもいけるでしょう。
性格はまだ多少神経質。つまりカーペットのベビーそのものってことです。
竹ピンなどでヒョイっとやれば後は好きにハンドリングできます。
カーペットは小さいうちから慣らしておきましょう。
そしてファジーマウスで多少大きくしたら、さっさとピンクラットなどで、
ラットに餌付けましょう。早い方が良いです。
そうじゃないと将来「一回の餌はアダルトマウス7匹です(涙)」という
悲しい事になるかもしれません。

以下の2枚の写真は絶賛治療中の時の写真。
意味あるのかどうか分かりませんが、日光浴なども積極的にしました。
結果的に薬などは特に必要とせずに完治しました。
今見ると鱗も結構逆立ってたんだなぁ。。。
無事立ち上がって良かったですね。
b0079508_1512588.jpg

b0079508_15122195.jpg


さすがに3ヶ月も一緒にいると結構情が移りますね。
立派に育ててやって下さい。
b0079508_15164283.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-16 15:18 | Sold Out
フトアゴヒゲトカゲ(オレンジレッド アダルト♀)25,000
b0079508_14454117.jpg

フトアゴヒゲトカゲに関して特に今更語る事もないでしょう。
ヒョウモントカゲモドキと並んで爬虫類を代表するペットリザードです。

この個体は最初オスと思っていました。
が、ある日普通に無精卵をポコポコ産んでいたのでビックリ。
b0079508_14485132.jpg

野菜に餌付いているので、虫が駄目な方でも大丈夫。
卵も産んでいるのでやる気満々のオスをお持ちの方に
ももちろんオススメ。
即繁殖可能ですよ。

b0079508_1451351.jpg

体色は濃いオレンジに少し赤味が加わっている感じです。
同系統のオスを持っている方いかがですか?

サイドはもちろんトゲトゲ
b0079508_14513115.jpg

最近レザーとかシルクとかトゲトゲじゃないフトアゴが流行って
いるじゃないですか。個人個人の好みなので別に良いのですが、
私はあんまりそういった系統は好きじゃないんですよね。
やっぱりフトアゴはゴツゴツトゲトゲしてこそでしょう。
そんな厳つい見かけなのに、大人しいってとこが魅力だとおもうんですけど。。。
まぁ好きずきですね。

b0079508_14553324.jpg

顔つきはもう母ちゃんって感じですね。オーラ出てます。
[PR]
# by kanrep | 2012-10-16 14:56 | Sold Out
オオミミトビネズミ 一匹¥98,000 sold out
10月12日追記
結構高価なネズミで、しかも飼育情報が皆無なので
欲しくても二の足を踏んでいる方が結構いたと思います。
先月末に売約がかかるまで約2ヶ月飼育してみたので、
その感想を少々簡易的ではありますが、記してみます。
何気に初の動画入りです(笑)

ケージの大きさは60×30cmでペア飼い。
少々狭いかなぁと思いましたがスペースの都合上やむを得ず。
床材はアスペンの大地。
そして子供が段ボールで自作した簡易シェルター。
以前キープしてた生体の飼育環境の名残で、上から枝がぶら下がってます。
飼育環境は以上です。
もちろん給水器なんて設置したら駄目です。
特に身構えず身の回りにあるものでとりあえず用意した感じです。
トビネズミを飼育するのは初めてではなかったので
まぁ大丈夫だろうと思いました。

餌はニンジンなどの葉野菜、ハムスターの餌がメイン。
おやつとしてミルワームなど。
さらにたまにですが、昆虫ゼリーをやりました。

暑い時期でしたが特に温度調整はしませんでした。
リビングにケージを設置しているので人間の生活環境そのままです。
エアコンついてるときもあればそうでないときもあります。
カメレオンもいるので常時窓を開けて風は通していましたけどね。

夜行性なので、明るいときは例の死んだポーズで寝ていますが、
いったん部屋の照明が落ちたらピョンピョン飛びながらケージの中を
走り回り、餌をポリポリ。

となりでテレビを見ていようがおかまいなしに走り回る図太さ。
そしてビックリしたのがすさまじい立体行動力です。
動画を見て頂いた方が早いですね。9月末に撮った動画です。
慌ててiphoneで撮ったので動画の質は笑って許して下さい。


飼育情報が全くないので手探り状態でのスタートでしたが、
2ヶ月以上共に過ごして感じた事は、異常に丈夫で図太い、これにつきます。
正直ハムスターなんかよりよっぽど丈夫。
ハンドリングは殆どしなかったのでその辺りのストレスの感じ具合などは
今回わかりませんでしたが、ピグミージェルボアみたいに
ビクビクしながら飼育する必要は全くありませんね。

理想的な飼育環境を上げるとすれば、
ペアの場合は90×45cmのケージに固めの床材を敷く。
砂漠というよりも荒野に住んでるっぽいので、
サラサラの砂漠の砂より踏ん張りの効く固めの床材がいいです。
赤玉とか鹿沼をミックスさしたような。
で、立体行動も予想以上にするのでそれを踏まえたレイアウトを。
シェルターは必須です。

理想的な餌が分からない以上何でも上げて下さい。
一応野菜メインの方が無難かなぁと思います。

今回はもう全て売れたので在庫はありません。
またいつの日か会えればよいですね。
次は個人的にも飼育すると決めてます。
このネズミはかなりスター性を秘めています。
今回見送った方、次回はお見逃し無く。
心配しなくてもめちゃ丈夫でしたよ。




8月3日
b0079508_5324175.jpg

砂漠のミッキーマウス来日(笑)
中国、モンゴルの砂漠に住むトビネズミ。
自然下の写真撮影すらまともにできないとてもレアなトビネズミ。
何年か前に入荷したと思ったら、
結局それらはオオミミじゃなかったとか。
もしかしてまとまった入荷は初なのかな?
b0079508_541176.jpg


もちろん私は実物初めて見ましたが、
めちゃめちゃ可愛いですよ。
フェネックがネズミに変身した感じ。
ほんと可愛い過ぎです。
かなりスター性あると思いますよ。
ピョンピョン飛んでるとこ見たらもう。。。やばいです。
可愛くないのは値段だけ(笑)
それでもこの生き物の現状を考えたら十分安い方ですけどね。
b0079508_5454253.jpg


砂漠に住んでるとはいえ、さらさらの砂などの踏み応えのない床材よりも、
鹿沼土などの固い床材の方がよいと思います。
理由は数少ない野生下の写真を見ると、
結構岩場などの写真ばかりだからです。
とはいっても当店も急ごしらえで、
今のところハムスター用の床材使ってますけどね。
b0079508_5433576.jpg

b0079508_5443196.jpg

ミルワームもぐもぐ、人参ぽりぽり、葉野菜ばりばり、馬鹿みたいに状態良いです。
夜行性なのでシェルター用意して下さい。
水はあげては駄目ですよ。
寝るときの姿勢はもちろんあの姿勢です(笑)
ちなみに体長は最大で7、8cmです。
b0079508_5415873.jpg
小さいので子供の手にも余裕でスッポリ

ペアも揃うのでぜひ検討してみて下さい。
b0079508_546536.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-10-12 17:37 | Sold Out
シャムワニ(ラベンダーアルビノ ヤング) ¥980,000 sold out
恐竜飼ってみません?
b0079508_2523061.jpg


何気に当店初のワニ。
過去にヨウスコウなどを扱いましたが、
それはお客様からの引き取りでしたから、
ちゃんと輸入したのはこの子が初めて。
それが色変のワニとはなんと贅沢な。

ラベンダーアルビノですが、要はT+のアルビノです。
T+アルビノといっても様々で、黒の斑点が無数に入る一見すると
アルビノ?というような個体もいます。
しかしこの子は正直レベルが違う。
ここまで綺麗にラベンダーが発色してる個体は探してもいません。
というか選べる程ワニのアルビノっていませんけど。。。
このレベルのT+アルビノのシャムを探して
下さいとお願いされても、正直無理です。
もう実物を是非とも見て欲しいですね。

b0079508_2544471.jpg
目も透き通るような薄いマスカットカラー。ビー玉みたいです。

傷やスレなど皆無のこれぞ極上個体。
好物は手羽先。
手羽先をもしゃもしゃ食べるクロコダイルは、可愛いですよ。

とても長寿命なので、ゆっくりと育てていって上げて下さい。
もともとクロコダイルの中でも小型のシャムワニなので、
一般家庭の飼育環境ではどう頑張っても2mいかないでしょう。
もし2m超えたら永遠にその人のことを拝むでしょう。

ワニってなんかもう問答無用って雰囲気出してますよね。
しかも今回クロコダイルですから。
何飼ってるんですか?みたいな話出たときに、
「アルビノのクロコダイルです」なんてサラッと言ったら、
もう周りの見る目が変わりますね。間違いないです。

値段交渉もOKですよ。既にありえない価格なんですがね(笑)
その分ケージなどの飼育環境を贅沢にしてあげてください。
いくら丈夫な生き物でも、劣悪な飼育環境だと鱗が剥がれるなどの
症状が出ます。これだけ綺麗な個体なのですから、
最高の個体に仕上げて下さい。
お座りやお手は覚えませんが、飼い主の顔くらいは余裕で覚えますよ。

許可をとった大きなオーバーフロー水槽で、デーンと佇んでいます。

欲しいけど許可の取り方がよくわからない、敷居が高い、と思ってる方は
どんどん連絡して下さい。県にもよりますが、予想以上に簡単な場合が殆どですよ。

b0079508_2582131.jpg

[PR]
# by kanrep | 2012-09-19 23:51 | Sold Out
コースタルカーペットパイソン(アダルト♂) ¥65,000 sold out
b0079508_1737569.jpg

ニューギニアカーペットなどは結構扱いますが、
コースタルやダイヤなどのラリアンカーペットは当店ではあまり扱いません。
でもたまには入りますよ。
とは言ってもバリバリ飼い込みですが(笑)
b0079508_17383727.jpg

で、今回は純血のコースタルカーペットパイソン。
コースタルと言えばいまやジャガーの方が圧倒的市民権を得ちゃってますが、
個人的には断然純血コースタルの方が好き。
コースタルも数タイプいますが、この子は自分の一番好きな
シックなモノトーンタイプです。
b0079508_17395657.jpg

シブ格好良いオス。
現在3才半。いつでもブリードOKです。

最早ジャガーの方がメジャーになって、純血は
全然見かけなくなりましたね。
オス、メス問わずアダルトサイズのコースタルは
ちゃっちゃと抑えておきましょう。
例え片割れがいなくてもです。
勿論メスをお持ちの方は迷わずいっちゃってください。
b0079508_17401681.jpg

カーペットと言えばラットの餌付けに苦戦する場合がありますが、
この子は完全にラットに餌付いています。
100サイズのラットをメインにやってますが、
恐らく120サイズもいけるでしょう。
[PR]
# by kanrep | 2012-09-16 17:42 | Sold Out
休みを楽しんだ1日
b0079508_22102510.jpg

昨日の夜からオーナーの実家に遊びに行って来ました(^-^) 今日の朝からBBQをするので川に行って小魚を取ったりエビを取ったり遊び その後に目的のオヤニラミを探しに川を少し下り 探すが見つからず 誰かが作ったであろうブランコそれで遊んだりちょっと高いてころから飛び込んだりして遊んだりと楽しい川遊びでした。 目的のオヤニラミは取れないままで ちょっと残念でしたが ナマズの子が取れたり アカハライモリが取れたりとしたからいいかなって 自分でなっとくさせて もんち用のナマズとオーナーの子供たち用のナマズも
GET 楽しい1日でした(^-^)
[PR]
# by kanrep | 2012-08-13 22:10 | スタッフ日記


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧