サラサナメラ
アジアの広範囲に生息しているアジアンラット。
今回10数匹まとめて入荷しましたがCB
という事もあって餌付けも良好です。
ピンクマウス食べまくり。
1匹まだ食べてない個体がいますが、
その内食べるでしょう。

1mを超える事もなく渋い体色が魅力の蛇です。
今は黒っぽいですが成長すると個体差はありますが、
明るくなる傾向があるので、
育てる楽しみもきっちりあります。
現時点でも模様の出方などに個体差があるので、
お店にきてじっくり選んでみて下さい。
b0079508_4223940.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-10-16 04:22 | Sold Out
コーンスネーク ベビー各種
コーンスネークです。
当店ではアップ忘れの代表種みたいな感じになっちゃってますが、
常時在庫はしているんですよ。
最新のモルフは置いてはおりませんが、
人気メジャーモルフを高クオリティかつお手頃価格で販売しております。

最近ボールの人気が凄いですが
癖のある拒食期間が無い分、
やはり蛇の入門としてはコーンスネークをオススメします。
ある程度成長したら年中室内無加温で冬眠も出来ますしね。

今回アップする個体達は全員チビ助です。
ピンクマウスSに全個体餌付け済み。

b0079508_3513224.jpg
アメラニ ¥6,800
b0079508_3515345.jpg
オケッティ ¥9,800
b0079508_3533660.jpg
ハイポ ¥6,800
b0079508_3543692.jpg
キャラメルモトレー ¥12,800
b0079508_3552855.jpg
ハイポモトレー ¥9,800
[PR]
# by kanrep | 2013-10-15 23:44 | Sold Out
アジアジムグリガエル
ジムグリガエル。
地潜蛙。
名前の通り地に潜ってます。
写真撮るためにホリホリさせてもらいました。
後ろ足で慌てて潜っていってるとこですね。

床材は湿ってる部分と乾燥してる部分を作ってあげてください。
下は湿って上は乾燥ってやつですね。
水入れもちゃんと置きましょう。
餌のコオロギは放しておきましょう。

飼ってて楽しいのか?
楽しみ方を知っていれば。
夜行性のため夜もぞもぞ出て来ます。
なのでレッドランプなどで夜観察しましょう。

夜いきなり電気付けると、
目が合ってしばらく見つめ合ったのちに、
もぞもぞまた潜っちゃいます。

ニヤニヤしてたのしむ蛙ですね。

1匹だけいます。

b0079508_16183484.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-10-12 16:18 | Sold Out
テキサスミドリヒキガエル ¥6,980
b0079508_15541814.jpg

ヒキガエルだよ。
でも大きくならないよ。
4cm手前で止まるよ。

そう、ヒキガエルというと巨大なイメージですが、
このテキサスミドリヒキガエルは小型のヒキガエル。
あまりベチョベチョの床材は好みません。
お皿に水入れて、乾燥した土、毎日一回夜間に霧吹き。
これでOK。

冬眠もします。室内の温度の一定している寒いとこに
冬は置いとくだけで勝手に寝ます。

一応Bufoなので特定外来に入らないように祈っておきましょう。
この種が入らなかったのはたまたまです。
捨てたり逃がしたりしたら駄目ですよー。
[PR]
# by kanrep | 2013-10-12 15:54 | Sold Out
カーティンガツノガエル、クランウェルツノガエル

ここ数年で流通するようになったツノガエルですが、
一気にお求めやすい価格になりましたね。

ベルツノに比べツルンとした皮膚と大きめの角と目が
特徴的です。

異なる色の個体が1匹ずついます。
b0079508_1538148.jpg

b0079508_15382731.jpg
それぞれ5,980円

おなじみのクランウェルツノガエルも1匹おります。
あ、カーティンガの飼育法は他のツノガエルと同じです。
b0079508_1541719.jpg
3980円
[PR]
# by kanrep | 2013-10-12 15:38 | Sold Out
ドワーフアフリカウシガエル ¥9,800
ウシガエルは好きだけど大きくなるのはちょっと。。。
という方にオススメの大きくならないウシガエルです。
とはいってもこぶし大にはなるので迫力は味わえる
オススメのカエルです。

色が異なる子が1匹ずつ、計2匹います。
b0079508_15301412.jpg

b0079508_15303811.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-10-12 15:31 | Sold Out
ホシガメ(ベビー)
めちゃめちゃいます。
50匹くらいいます。
個別画像とかそんな意地悪言わないで下さい。
でも全個体の餌食いは確認済みです。
ピンポン球サイズから少し育った安心個体。
お店に来て選んで下さい。
適当に選んでパシャ!
線が多い子、黒っぽい子色々いますよー。
b0079508_1421891.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-10-11 01:44 | Sold Out
ヒヨケムシ
b0079508_1254176.jpg

ヒヨケムシです。
コオロギワシワシ食べます。
危険な香りのする風貌ですが、あっさり死んでしまう事で有名です。
昼はガツんと暖めて夜はサーッと温度下げましょう。
基本乾燥ですがシェルターの中は少し湿らしても良いかも。
霧吹きとか駄目ですよー。
小さい水入れを置いときましょう。
選ばせましょう。
飼育方法確立されてないのであれこれしましょう。
2013.10.11現在1週間生存しております。


あんまり見ないであげて下さい。
繊細なエイリアン。
あなたの腕が試されますよ?
残り一匹だけです。
[PR]
# by kanrep | 2013-10-11 01:24 | Sold Out
ケイアオジタ
インドネシア、ニューギニアに生息するアオジタの中でも
根強い人気を誇るケイアオジタ。
カイ諸島(kai islands)にいるのでカイアオジタとも。
まぁ呼び名は好きなように呼べばよいかと。

それにしても特徴的なアオジタですね。
鶯色を基調色として、濃いオレンジ、白、黒のスポットが
ちりばめられます。

結構個体差が大きく、微妙なロカリティもあると個人的には思います。
前来た奴らと明らかに違うよね?
ってことがあるので。
まぁ何百匹も見た訳ではないので
あくまで一個人の感想です。

そしてアオジタの中で一番悪い顔してます。
ニシよりも悪い顔してます。

ちなみに現状噛んできます。
隠しても仕方ないですし、個性みたいなもんです。
まぁこのサイズできたアオジタには良くある話ですね。
時間をかけて慣らしていこうかと思います。
指・爪飛びなしです。
1匹のみの入荷です。

サイズはもう2回りほど成長すると思います。
バンドもハッキリしてる一番綺麗な時期ですね。

b0079508_473570.jpg

b0079508_474845.jpg

b0079508_48556.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-09-18 04:08 | Sold Out
ニシアフリカトカゲモドキ(ワイルド)
ニシアフリカトカゲモドキです。
しかもなんとなんとのワイルド個体。
ヒョウモントカゲモドキと双璧をなすペットゲッコーで、
近年色々なモルフが作出され始めたニシアフリカ。
こんなときだからこそワイルドが必要とされてるのではないでしょうか?

ワイルドだからといって特に気難しい面も見当たりません。
アダルト手前のヤング個体。1年飼い込めば繁殖可能でしょう。

ノーマルとストライプ。残り1匹ずつのみです。

b0079508_1565934.jpg

b0079508_1571223.jpg
ノーマル。これぞニシアフリカ。

b0079508_1583883.jpg

b0079508_1584961.jpg
ストライプ
[PR]
# by kanrep | 2013-09-15 01:58 | Sold Out
リッジテールモニター(レッドアキー:ハッチサイズ)¥98,000
ハッチサイズのレッドアキーになります。
当店への入荷は久しぶりです。

ドイツCBになります。
2匹のみの入荷。
画像の通り、小指サイズとしてはかなり赤いかと思います。

種親の画像を見せてもらいましたがまさにレッドアキーと
いった感じでした。

ドワーフモニターにありがちな尾のよれもありません。

Sサイズのコオロギを追いかけて走り回っています。

飼育場の注意点としては乾燥に気をつける事ぐらいでしょうか。
カラカラの荒野にいるイメージがあるようですが、
乾燥させすぎると容易に指飛びがおこります。
かといってビショビショも駄目。
「普通」の環境で育てて下さい。

2個体おります。
SVLで成人女性の小指サイズくらいのチビ達です。
アダルトは幅が出てドワーフとは思えないボリュームになります。
育てばクーリングも出来るので冬は無加温の室内でほったらかしでOK。
オススメのモニターです。

b0079508_6442838.jpg
A個体

b0079508_645259.jpg
B個体
[PR]
# by kanrep | 2013-09-13 06:45 | Sold Out
パラワンウォーターモニター(パラワン島産) ¥198,000
数あるサルバトールモニターの中でも際立つ美しさを誇る新型モビルスーツ!ここに登場!とまあこれぐらい大げさに言ってもいいぐらいのモニターです。フィリピンのパラワン島で捕獲されたこの新型は、全身に数え切れないほどの黄色い星屑を身にまとい、頭部は黒ではなく、薄くハイポの様に抜けている感じの色合いをしています。インドネシアやフィリピンでもこれほど美しいサルバトールはなかなか存在しません。フィリピンでは代表格のカミンギーにも負けない美しさを持ち、またカミンギーよりもレアさを誇るこのパラワンの新型には惚れ惚れしてしまいます。ただインドネシアやタイのサルバトールより最大サイズは少し控え目なようなので飼育下で飼いきる事もある程度可能レベルなのではないでしょうか。このパラワンという島はまだまだ未確認の爬虫類が多数存在する聖地なので、今後の入荷しだいでは、まだまだ新型の入荷の可能性があると思います。フィリピンはなかなか普通の人間が入る事の出来ない無法地帯が多くこの様なフィリピンの爬虫類が入荷すると言うのもある意味奇跡的な入荷とも言えます。平気で誘拐や麻薬製造などが行われている治安の悪いフィリピンの南部からやってくる爬虫類は今後全く入荷が無くなってしまう可能性を常に秘めていますので、大切にしないといけません。生体、それを運ぶルート、また価格も含めこんな子に今後も出会えるよう、全てを守れるショップでありたいものです。
b0079508_026506.jpg
黒の地色がかすんで見えるほどまぶしい星屑のステージ!
b0079508_0294410.jpg
全体像。至る所が黄色い星座。フィリピンの夜空はこんな感じかな!
b0079508_032101.jpg
頭は黄色く抜けていっています。まだ子供なのに末恐ろしい!
b0079508_0332192.jpg
腹側部も黄色が巻いています。どれだけ派手なんでしょうかね!
b0079508_0362379.jpg
体のアップ。
b0079508_0383895.jpg
黄色が無い部分を探すほうが難しいね!
[PR]
# by kanrep | 2013-09-13 06:34 | Sold Out
トーチモニター
去年新種記載され、早速去年アダルトが流通しましたね。
ベビーサイズは初めてじゃないでしょうか?
コガネに非常に近縁とされているモニターなので、
ベビーも勿論コガネの体型に酷似しておりました。
最初はコモドに近縁とされてましたが、あれは同時期に発見されたbitatawa
と勘違いされたのでしょう。純粋なマングローブ亜属です。

ベビーどんな感じなんだろなと思ってましたが、当たり前というかコガネそっくり。
ベビーの頃から吻端に色乗ってるんですね。これにはビックリです。
しかも綺麗なピンク色。完全にトーチのベビーだと確信できました。
b0079508_1834838.jpg


体色は黒と黄色のコントラストがハッキリしてるコガネとは違って、
暗い黄色がベッタリと乗っています。
将来的に体が真っ黒になるのが容易に想像できますね。
というのも、顔の形状とかどうみてもマングローブなのに、
トーチモニターのベビーとして出されている個体を見かけたので
どうかなぁと思ったり。
サナナ島にいるモニターはトーチモニターだけじゃないですから。
売る方は責任を持って売って欲しいもんです。
b0079508_1844391.jpg



先に入ったアダルトは現物を手にとってないのでわかりませんが、
今回入った子達(後一匹になりましたが)は皆一様に大人しいです。
異常と言ってもよいくらいに。
大人しいモニターとされるコガネも、ベビーの時はバタバタするもんですけどね。
写真撮るのも楽々。大人しいモニターの最右翼、デュメリルに匹敵するかも。

アダルトになれば漆黒の体に吻端が綺麗なオレンジに染まります。
まさに暗闇に輝くtorch(たいまつ)の灯火。
殆ど流通していないレアモニター。是非是非。
[PR]
# by kanrep | 2013-09-13 06:32 | Sold Out
マングローブモニター(ベビー) ¥29,800
b0079508_204859100.jpg


b0079508_20491587.jpg


b0079508_20494250.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-09-13 06:32 | Sold Out
ハナブトオオトカゲ ヤングサイズ
クロコダイルモニターです。
ロカリティは恐らくソロン。
以前まではポツンポツンと単発的な入荷がありましたが、
去年くらいからめっきり見なくなりましたね。

約1.5mのヤング(笑)サイズ。
尻尾が1m程を占めてますので、
同サイズのサルバトールなどに比べると体重は軽いです。

b0079508_0415181.jpg
掃除中に別のケージに移している時にパシャリ
一応言っておきますが、写真は完全にやっつけで顔のアップのみです。
機会があればまた撮り直します。

このサイズにしては鼻先のスレなどが無いので、
気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、この子かなり大人しいんです。
ケージの中に手を入れて作業しても、噛むどころか
メインウェポンのテールアタックすらしてきません。
到着直後ということでもないので当たりかな?
まぁ油断は出来ませんが、このサイズでここまで
大人しいのは相当レアですよ。
とはいってもモニターの中でトップクラスのエグイ爪をしてますから、
ハンドリングなんて到底できませんけどね。

ほぼツリーモニターと言っても過言ではないので、可能であれば最低温室クラスの
高さのあるケージをいきなり用意してください。
最終的には4畳半1部屋あげるつもりで。

それにしても格好良い顔してますよね。
ちなみに私はモニターの中でハナブトが圧倒的に好きです。
国内や海外の動物園でコモドを見ても、どうも顔から犬っぽさが
感じられるんですよね。やはりハナブトがNo1です。
ハナブトは恐竜の顔してます。いや、恐竜は見たことありませんし、
オオトカゲの祖先は恐竜じゃないみたいですが。
それでもジュラシックパークなんかで出てくる肉食恐竜みたいな
顔つきしてません?もう最高です。

体色も成長するにつれて色褪せることなく、
綺麗かつ派手さを維持し続けます。

魅力をペラペラ書き連ねましたが、少々注意点を。
ハナブトは危険動物に指定されています。
別にそれほど危険でもないのに危険動物に
入れられてる爬虫類もいますが、
ハナブトは指定されて当然の爬虫類だと個人的に思っております。
フルアダルトになれば頭の大きさは大型犬くらいの大きさになります。
歯の長さも樹上性というだけあって他の大型モニターに比べて長め。
今回の個体も現状大人しいですが、
将来的にどうなるかは不明です。
元々粗暴で手の付けられない個体が当たり前なんですから。
小さなお子様のいる家庭には到底オススメの出来る生き物ではありません。

飼わなければ分からないことがあるのは確かですが、
飼わなくても分かることはあります。
問題ありませんか?
問題ないなら恐竜のようなオオトカゲと共に暮らしてみませんか?

b0079508_0434020.jpg

[PR]
# by kanrep | 2013-09-13 06:32 | Sold Out


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧